Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁の個人情報保護ガイドライン - センシティブ情報は原則取得禁止

金融庁は29日、同庁管轄分野の個人情報保護ガイドライン案を公表した。金融分野の特性から、なかば強制的に個人情報が取得、利用される恐れがあるため、センシティブ情報の取得を原則禁止するなど厳格な取り組みを求める内容となった。

信用情報機関への情報提供についても、グループ企業など広範に渡って利用されるおそれがあるため、本人の同意が必要とした。漏洩時の対応については、監督官庁、本人への通知を徹底させる。

さらに個人情報保護法の対象していない5000名以下の個人データ保有事業者に関しても、法令を遵守するよう明記されているほか、保有期限の設定、および期間終了後の消去などを求める。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず