Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁の個人情報保護ガイドライン - センシティブ情報は原則取得禁止

金融庁は29日、同庁管轄分野の個人情報保護ガイドライン案を公表した。金融分野の特性から、なかば強制的に個人情報が取得、利用される恐れがあるため、センシティブ情報の取得を原則禁止するなど厳格な取り組みを求める内容となった。

信用情報機関への情報提供についても、グループ企業など広範に渡って利用されるおそれがあるため、本人の同意が必要とした。漏洩時の対応については、監督官庁、本人への通知を徹底させる。

さらに個人情報保護法の対象していない5000名以下の個人データ保有事業者に関しても、法令を遵守するよう明記されているほか、保有期限の設定、および期間終了後の消去などを求める。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込