Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、迷惑メール対策を強化

NECのインターネットサービスBIGLOBEは、偽装メールアドレスからのメール受信を拒否する「迷惑メール対策強化」を実施した。

今回の強化では、同一IPアドレスからの同時メール送信要求数に上限値を設定し、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限する。同社ではこれにより、同時大量送信による迷惑メールを約9割削減することができるとしている。

また、DNSに登録されていないドメイン名からのメールを偽装アドレスからの迷惑メールと判断し、同社のメールサーバにて受信を拒否する。

(Security NEXT - 2004/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に