Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、迷惑メール対策を強化

NECのインターネットサービスBIGLOBEは、偽装メールアドレスからのメール受信を拒否する「迷惑メール対策強化」を実施した。

今回の強化では、同一IPアドレスからの同時メール送信要求数に上限値を設定し、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限する。同社ではこれにより、同時大量送信による迷惑メールを約9割削減することができるとしている。

また、DNSに登録されていないドメイン名からのメールを偽装アドレスからの迷惑メールと判断し、同社のメールサーバにて受信を拒否する。

(Security NEXT - 2004/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍