Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、8月の「月間ウイルストップ10」を発表

ソフォスは、2004年8月におけるコンピューターウイルスの報告数をまとめた「月間ウイルストップ10」を発表した。

8月のトップ10に入ったすべてのウイルスは、ここ何カ月かずっと変わっていない。特にメール型ワーム「Zafi-B」は、先月と比べると10%ほど減少しているものの、全体の47.4%という高い割合を占め、3カ月連続で1位を維持している。

同社では、8月に1230の新規ウイルスを検知、駆除対応した。これは、2001年12月以来、最高の数値になるという。また同社の統計では、8月に使用されたメールのうち9.3%以上がウイルスメールであるという結果になっている。

また、Netskyの亜種数種も、ワーム作者とされる人物の逮捕が数カ月前にあったにもかかわらず、いまだにトップ10に入っている。

(Security NEXT - 2004/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定