Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット定点観測システムデータ公開を1時間1回に - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、インターネット定点観測システム (ISDAS)の観測結果の更新頻度を、1日1回から毎時1回へ変更すると発表した。

同システムは、インターネット全体のセキュリティ向上と保全のため、ネットワークおよびシステム管理者向けに、セキュリティ予防観測に関する情報を提供するもので、昨年11月から稼動している。これまで観測結果はウェブ上で1日1回公開されていたが、今後は毎時15分前後に更新される。

JPCERT/CC によれば、今回の更新頻度変更により、これまでより即時性の高い情報を提供できるようになったという。

(Security NEXT - 2004/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市