Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、Mydoom.Qへの注意を喚起

警察庁は、「Mydoom.Q」が蔓延しているとして、注意を喚起している。

「Mydoom.Q」は、別名「WORM_RATOS.A」「W32/Mydoom.s@MM」とも呼ばれ、独自のSMTPエンジンにより自分のコピーを他端末へ送信する。同庁では、不審なメールや添付ファイルを開封しないなど、注意するよう訴えている。

また、アンチウイルスソフトベンダー各社も同様に注意喚起を行っている。シマンテックでは、被害状況を「中」、ダメージを「中」、感染力を「高」としている。また、マカフィーでは危険度を「中」と設定している。

(Security NEXT - 2004/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン