Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁、7月度インターネット治安情勢を公開

警視庁は、2004年7月度のインターネット治安情勢を公開した。

全国の警察施設に対し、インターネット経由で攻撃された状況をPDFファイルにて閲覧できる。先月同様、135、445番ポートへの攻撃は高水準で、同庁ではワームの感染活動が活性化したためと推測している。

また、侵入検知システムによるアラーと数は若干減少した。SQL Slammerによる検知件数に大きな変化は見られないものの、Traceroute検出による不正アクセス検知数が大幅に増加しているという。

(Security NEXT - 2004/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会