Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、7月のコンピュータウイルスの届出状況を発表

マカフィーは、2004年7月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。

同発表によれば、7月は、添付ファイルを通じて感染を拡げる大量メール送信型のウイルスが上位を占めていた前月から一変し、OSの脆弱点を攻撃するトロイの木馬型のウイルスが急増しているという。

ウイルス検知数のランキングによると、トップ10中、トロイの木馬が企業数別でトップ10中8種、マシン数別でトップ10で5種を占め、他のウイルスを大きく凌いでいる。

同社では、マイクロソフトの修正情報を漏らさず適用し、特に夏休みを迎える8月には、脆弱点攻撃型のウイルスを警戒するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート