Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エヌ・ティ・ティ ネオメイト 、情報セキュリティ総合診断サービスを開始

エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、企業や自治体向けの情報セキュリティ総合診断サービス「InfoDock」の提供を、8月2日から開始すると発表した。

同サービスでは、公開サーバに検査ツールを用いて遠隔からインターネット経由で擬似攻撃を行い、セキュリティホールの有無等を診断する「セキュリティホールチェック」を提供。

また、各従業員が使用しているパソコンのセキュリティチェックを、技術者が直接事業所を訪れて行う。さらに、内部からの情報漏洩、パソコンの私的利用、盗難等を防止するために実施すべき対策を提示する。

サービス提供エリアは、西日本エリア(富山、岐阜、静岡県以西の30府県)および首都圏 。

(Security NEXT - 2004/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ