Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大和ハウスが顧客情報を含んだパソコンを紛失

大和ハウス工業は、顧客の個人情報が保存されているパソコンを紛失したと発表した。

パソコンには、賃貸住宅のオーナー情報をはじめ、地主情報、ホームページへの問い合わせ情報など36万件弱の個人情報が保存されていた。いずれも氏名、住所、電話番号や関連情報などが含まている。

同社によれば、パソコンの起動にはパスワードが必要であり、現時点で流出したデータが不正使用された事実はないという。今後の流出の可能性を考慮し、関係する顧客などへ連絡するとともに謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2004/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ