Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元京大研究員の裁判がスタート - 不正アクセスか否か?

5月26日、ACCSのウェブサイトに不正アクセスしたとして逮捕、起訴されている元京都大学研究員男性の初公判が開かれた。

男性側は「パスワードが必要な領域にアクセスしていない」として、起訴事実を否認。徹底抗戦の構えだ。男性はCGIの機能を利用し、ウェブサイトにアクセス、個人情報を入手している。

CGIに渡す変数が「パスワード」として認定されるかが争点になると予測され、「不正アクセス」そのものの定義が問われる裁判となりそうだ。

(Security NEXT - 2004/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正