Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ事業も手がけるシスコから機密情報が漏洩

ネットワーク関連機器大手シスコシステムズのソースコードが漏洩し、ウェブ上に掲載されていたことが明らかになった。

今回の漏洩事件は、米ウォール・ストリート・ジャーナル誌が報じたもので、盗難にあったソースコードはおよそ800Mバイト。一部がセキュリティ関連ウェブサイトに公開され、シスコは公開されたコードは正規なものと認めている。

シスコではセキュリティ支援事業も手がけており、今回の漏洩は業界に大きなインパクトを与えた。なお、今回漏れたソースコードによる脅威は少ないとされている。

(Security NEXT - 2004/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府立高校で生徒情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処