Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関電の顧客情報183件が流出

関西電力は、同社の顧客情報183件が流出していたと発表し、謝罪した。

今回の漏洩は、同社長浜営業所から流出したもので、匿名の投稿により明らかになった。警察と協力し社内調査を進めた結果、2000年から2003年にかけて電気事業者に対し、営業用情報として、製材業、板金業、幼稚園・保育所など、顧客情報が少なくとも183件が提供されていた。

(Security NEXT - 2004/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン