Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関電の顧客情報183件が流出

関西電力は、同社の顧客情報183件が流出していたと発表し、謝罪した。

今回の漏洩は、同社長浜営業所から流出したもので、匿名の投稿により明らかになった。警察と協力し社内調査を進めた結果、2000年から2003年にかけて電気事業者に対し、営業用情報として、製材業、板金業、幼稚園・保育所など、顧客情報が少なくとも183件が提供されていた。

(Security NEXT - 2004/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開