Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2003年のウイルス被害総額は3025億円 - IPA発表

情報処理推進機構(IPA)は、国内外におけるコンピュータウイルスの被害状況について調査を実施し、結果を公表した。国内被害総額は3025億円だった。

同調査は、全国の4000事業所、およびび1000自治体を調査対象として実施された。IPAでは、1989 年度より毎年実施しており、今回で15回目となる。

調査によれば、22.2%がウイルスに感染経験があるとしており、47.4%も感染には至らなかったが、ウイルスと遭遇している。被害総額は3025億円で、2002年の4400億円から1300億円縮小した。今回の縮小についてIPAではウイルス対策の結果としている。

(Security NEXT - 2004/04/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例