Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害で多額の誤発注が発生、東証が取消 - UBS証券

UBS証券においてシステムに不具合があり、東京証券取引所のToSTNeT市場で誤発注が発生した。

同社が2月25日、売りと買いを同時に発注するクロス取引により、カプコンの第5回新株予約権付き社債3000万円分を発注しようとしたところ、誤って3兆円の注文を行い、約定したという。

UBS証券によれば、誤発注の原因はシステムのトラブルで、東証では決済の履行が極めて困難とし、売買を取り消した。

今回の誤発注による影響で同銘柄の売買が終日にわたり停止。同社では市場関係者に対し、迷惑をかけたとして謝罪した。

UBS
http://www.ubs.com/japan/

(Security NEXT - 2009/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
プリカを二重発行、情報流出は否定 - モスフード
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに