Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害で多額の誤発注が発生、東証が取消 - UBS証券

UBS証券においてシステムに不具合があり、東京証券取引所のToSTNeT市場で誤発注が発生した。

同社が2月25日、売りと買いを同時に発注するクロス取引により、カプコンの第5回新株予約権付き社債3000万円分を発注しようとしたところ、誤って3兆円の注文を行い、約定したという。

UBS証券によれば、誤発注の原因はシステムのトラブルで、東証では決済の履行が極めて困難とし、売買を取り消した。

今回の誤発注による影響で同銘柄の売買が終日にわたり停止。同社では市場関係者に対し、迷惑をかけたとして謝罪した。

UBS
http://www.ubs.com/japan/

(Security NEXT - 2009/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
名義変更ハガキを旧名義人に誤送付、システム不備で - 東電EP
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
県電子納品システムで利用者情報が流出、プログラムミスで - 群馬県
「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市