Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ

コンテナ型の仮想環境を実現する「Docker」のコミュニティ版において、利用者が不用意に公開しているAPIを突いてマルウェアを拡散させる攻撃が9月下旬から確認されている。

攻撃を確認したトレンドマイクロによれば、「Docker Community Edition」において、イメージの遠隔管理などに利用するAPIを狙った攻撃を確認しているという。

「Docker」そのものの問題ではなく、設定ミスなど利用者の隙を突いた攻撃で、不用意に外部へ公開されているTCP 2375番ポートおよびTCP 2376番ポートよりAPIが操作され、不正なコンテナを作成されるおそれがある。

今回同社が確認した攻撃では、「wget」のパッケージをインストールした上でマルウェアを自動的にデプロイするスクリプト「auto.sh」をダウンロード、実行していた。

20181107_tm_001.jpg

一連の攻撃を通じて仮想通貨「Monero」をマイニングする「Coinminer.SH.MALXMR.ATNE」に感染させるほか、攻撃者以外が実行したマイニングプロセスの停止やリソースの確保、ネットワークをスキャンしてさらに感染を拡大しようとしていた。

同社が確認した同マルウェアの感染端末は、TCP 2375番ポートおよびTCP 2376番ポートが開放されていたという。

同社が、脆弱性検索サイトの「Shodan」でこれらポートの公開状況を調べたところ、中国をはじめ、米国、フランス、ドイツ、シンガポール、オランダ、イギリス、インド、アイルランドのほか、日本でも確認された。

同社は、利用にあたっては開発者より提供されているドキュメントなど確認し、ポートにおけるアクセス制限や通信の暗号化をはじめ、セキュリティ対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定