Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発

7月は、ブラウザ上で不正広告を表示する「JS/Adware.Agent」が前月の1.7倍と急増した。7月後半に登場した亜種が活発な活動を見せたという。

ESET製品を取り扱うキヤノンITソリューションズが、7月の国内におけるマルウェアの検出動向を取りまとめたもの。

7月に国内でESET製品によって検出されたマルウェアの件数は、前月とほぼ同水準だった。検出数が最多だったのは前月と変わらず「VBA/TrojanDownloader.Agent」で、全体の14.9%にのぼる。

同マルウェアは、「Visual Basicベース」のダウンローダーで、メールに「Wordファイル」や「Excelファイル」として添付され、拡散している。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起