Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県

佐賀県教育委員会は、教育情報システムが不正アクセスを受けて個人情報などが流出した問題を受け、2017年度におけるセキュリティ状況について内部監査を実施し、結果を取りまとめた。

同問題は、2016年に同県教育情報システムや県内中高校の学内ネットワークが不正アクセスを受けたもの。生徒や保護者、教職員の個人情報や成績関連情報など9589人分の個人情報が流出した

同教委では、第三者委員会の提言を踏まえ、2016年12月に10項目からなる「佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策実施計画」を策定。2017年度における取組状況を公表した。

情報セキュリティ内部監査にあたっては、全県立学校45校を訪問して実施した。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県