Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、同協会が販売するカードゲームの注文者の個人情報を誤ってメールで送信するミスが発生したことを公表した。

同協会によれば、5月10日に関係ない他注文者の個人情報9人分が含まれるメールを、誤って注文者17人へ送信してしまったもの。注文者の氏名や住所、電話番号のほか、記入している場合は所属などが含まれる。

注文者へ発送するための宛名ラベルを差し込み印刷する際、「Word」のメニュー選択において、文書の印刷ではなく、メール一括送信の機能を誤って選択してしまったという。

印刷対象の「Wordファイル」にメールアドレスのデータは含まれていなかったが、データの取り込み元である「Excelファイル」にメールアドレスが保存されており、それらメールアドレスに対してOutlook経由で送信が行われた。

注文者からの指摘で誤送信が判明。マルウェア感染などの可能性も含め、セキュリティベンダーによる調査も実施したが、誤操作が原因であることを確認した。

同協会では、送信先に対して個別に連絡を取り、謝罪。事情を説明して削除を依頼した。今後は差し込み印刷を利用する際の作業を見直すなど、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
新商品案内でメールアドレスが流出 - マスクメーカー
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省