Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組

ハナ信用組合は、顧客の預金や融資に関する情報が記録された業務用の携帯情報端末を紛失したと発表した。

同組合によれば、4月5日16時ごろ、松本支店の渉外担当者が営業活動中に業務用の携帯情報端末(PDA)を紛失したもの。

紛失した端末には、顧客967件の氏名または会社名、電話番号、生年月日または設立年月日、預金や融資に関する情報などが記録されていた。警察へ届け出たが、発見されていない。

端末の操作には暗証番号の入力が必要で、データは暗号化されており、不正な操作を行った場合、端末をロックしたり、データを消去する機能が設定されているという。

(Security NEXT - 2018/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
保育園で園児の画像を含むデジタルカメラを紛失 - 鎌倉市
2店舗で印鑑届や融資関係書類が所在不明 - 三島信金