Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村

山梨県忍野村観光協会において、イベント参加者などの個人情報が流出したことがわかった。当初、ウェブサイトの改ざんが発生していたが、情報流出の被害には気が付いていなかったという。

同村によれば、観光協会の委託先であるサイト管理事業者のレンタルサーバが不正アクセスを受け、同協会主催のイベント参加者らのべ647人の氏名、住所、メールアドレスが流出したもの。

3月16日に個人情報が海外のサイトに掲載されているとの通報が匿名であり、同村が調査したところ事実であると判明した。同月1日に約20回の不正アクセスがあり、データベースの脆弱性を突かれたという。不正アクセスの発信元は特定できていない。

問題が発覚する以前の同月1日に、同協会では県警よりウェブサイトの改ざんについて指摘を受けており、サイト内の新着情報が書き換えられていたことが判明していたが、情報流出については気が付いていなかった。

同村では、個人情報が掲載された海外サイトに対し削除依頼を行っているが、返答はないという。同村では流出の対象者に謝罪のメールと書面を送付。情報の悪用など、二次被害は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ