Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player 10」ではクリックハイジャックなど複数の脆弱性を解消

アドビシステムズは、「Flash Player 10」の提供を開始した。最新版では機能強化に加え、複数の脆弱性を解消されている。

米Adobeのアドバイザリによれば、「同9.0.124.0」や以前のバージョンには、ユーザーが意に反してリンクやダイアログをクリックさせる「クリックハイジャック」の脆弱性が含まれるという。

また、クリップボードを利用した攻撃へ対応するためクリップボードAPIの変更が行われたほか、 ポートスキャンへの対応、クロスドメインポリシーファイルの対策強化など5種類の脆弱性を解消した。

これら脆弱性は、WindowsやMacなどすべてのプラットフォームに影響があり、同社では最新版となる「同10.0.12.36」へバージョンアップするよう推奨している。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア