Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストや研究者を対象とした「Japan Security Analyst Conference 2018」を2018年1月25日に都内で開催する。

「JSAC」は、セキュリティインシデントの分析や対応などの技術向上を目指し、情報共有などを促進することを目的としたカンファレンスイベント。マルウエア分析者をはじめ、フォレンジックやネットワークセキュリティ、脅威インテリジェンスのアナリスト、インシデント対応者、セキュリティ研究者などを対象としている。

会場は、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで、参加費は無料。定員は300人で、申し込みはメールで先着順にて受け付けるが、調整を実施する場合もある。講演内容や申し込み方法などの詳細は同センターのページから。

当日予定されている講演は以下のとおり。

・2017年のインシデントを振り返る(竹田春樹氏)
・Himawariの異常な暗号(中津留勇氏)
・削除済みVSSスナップショットの復元(小林稔氏)
・USNジャーナル解析の追求(山崎輝氏)
・Drive-by Download Must Die(小池倫太郎氏、中島将太氏)
・RIGエクスプロイトキットの調査(幾世知範氏)
・マルウェアURSNIFによる漏えい情報を特定せよ(幾世知範氏)
・IoTボットネットは何を狙っているのか?(西脇春名氏)
・囮システムを用いた攻撃者の振る舞い観測(小澤文生氏)
・APTマルウェアに見る不易流行(柳下元氏、竹内寛氏)
・Tracking Down Emdivi in 2017(石丸傑氏)

(Security NEXT - 2017/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート