Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データの割符化や復元を意識せずに利用できる「割符ランチャーセット」

日立ビジネスソリューションは、機密情報の割符化および復元の自動化を実現する「割符ランチャーセット」を発売した。

同製品は、データを分割して異なる媒体に保管することで、一部割符の盗難や紛失から情報の漏洩を防止する「モバイル割符2.0シリーズ」の新製品。「モバイル割符2.0 TypeU1」と「割符ランチャー」から構成されており、自動的に割符化したり復元することが可能。

割符化の対象となるフォルダを予め設定しておくだけで、Windowsのシャットダウン時に自動で割符化され、PCとUSBメモリに保存。業務開始時には、メモリをPCに挿入するだけで自動的にデータが復元するため、割符化を意識せずに利用できる。

(Security NEXT - 2008/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール