Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩件数は51万件 - ジャパネット内部調査

ジャパネットたかたは、個人情報漏洩事件の調査結果を公表した。漏洩件数は51万3940件としている。

漏洩していた情報は、1994年5月から1998年7月までに同社より商品を購入した顧客データ。流出項目は、氏名、住所、生年月日、性別、電話番号。一部顧客は、職業、勤務先に関する情報、住居の種別などが含まれていた。クレジットカード、購入履歴は含まれていない。

犯行に関わった書類送検された元従業員2名は書類送検となった。しかし、時効が成立しているという。

警察の調査によれば、1998年2月ごろにダイレクトメール作成目的で抽出を行った、顧客情報約40万人分の入った業務用磁気テープを、当時の発注先印刷会社に不当に指示、容易に流出可能な記録メディアへコピー変換させていた。

同社では、捜査上の問題で公表できなかったという。関係する顧客へは書面にて報告、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2004/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委