Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら

フォーカスシステムズは、証拠データのフォレンジック処理を行うソリューション「サイフォクラウド」を提供開始した。

同ソリューションは、サイバー犯罪などの捜査において証拠とされるデータを分析処理するためのフォレンジックソリューション。

「Microsoft Azure」を活用し、消去されたファイルの復元や、検索、分析におけるインデックス作成など、事前の下処理作業や、パスワード解析を並列分散処理で行うことが可能。両社の説明では、2月から3月にかけて実施した実証実験で、従来3日を要していた1Tバイトの下処理作業が、半日に短縮できたという。

同製品の展開にあたっては日本マイクロソフトと連携。全国の警察機関や法執行機関に向けてソリューションの展開を図るという。

(Security NEXT - 2017/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
国家関与のサイバー攻撃「ArcaneDoor」 - 初期侵入経路は不明、複数ゼロデイ脆弱性を悪用
光学メーカーのHOYA、生産供給体制が概ね復旧 - 情報流出の影響を調査
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査