Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険

損害保険ジャパン日本興亜は、企業向けに「ネット炎上対策費用保険」を提供開始した。

同保険は、被保険者の業務に関し、ネガティブな情報がSNSで拡散したり、拡散のおそれが生じた場合に、拡散の防止やコンサルティング、原因調査、メディア対応などで発生する費用を補償する損害保険。

「著名人の来店情報を漏洩」「職場での悪ふざけなど不適切な行為」「異物混入など商品の不具合」「従業員の不適切な対応」「広告や記事に関する問題」などで生じた炎上などが対象となる。

またエルテスの「ネット炎上対応支援」や、SOMPOリスクケアマネジメントの「緊急時マスコミ対応支援」が自動で付帯する。

エルテスとSOMPOリスクケアマネジメントでは、2016年12月より「ネット炎上対策パッケージ」を展開。緊急対応費用を抑えるためにエルテスが損害保険ジャパン日本興亜の保険に加入し、同パッケージへ補償機能を付加するなど連携を進めていた。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業