Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再々委託先で顧客情報含むPCが盗難 - パナホーム多摩

パナホーム多摩は、再々委託先で事務所荒らしが発生し、顧客情報20件が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、顧客20人の氏名、住所、工事内容、工事日など個人情報が保存されていた。一部電話番号も含まれる。2月8日から翌9日にかけて何者かが侵入し、パソコンを持ち去ったとみられている。情報の不正使用などの被害は確認されていないという。

同社では警察に被害を届け、対象となる顧客に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催