Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道電気保安協会の顧客情報がWinny流出 - 試験業務情報や見積書など1219件

北海道電気保安協会において顧客情報を含む業務情報がWinnyを通じてインターネット上に流出したことがわかった。

流出した情報は、試験業務情報や見積書など1219件で顧客情報が含まれる。11月19日に判明したもので、同協会職員がデータを自宅に持ち帰り、私用パソコンで業務を行っていたが、ウイルス感染によりインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部に流出した。

同協会では、私用パソコン上における業務情報の利用を禁止していたが守られていなかった。事故発覚後、関連する訪問して事情の説明を行っている。また、原子力安全・保安院では今回の事故を受け、同協会に対して事故の報告を求めており、再発防止策の確認などを実施する。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス