Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研と住友電工、自動車や工場などのセキュリティ研究で連携

産業技術総合研究所と住友電気工業は、セキュリティの共同研究室を設立した。

産総研情報技術研究部門内に「住友電工‐産総研 サイバーセキュリティ連携研究室」を設置したもの。関西センターを拠点として活動を展開する。

同研究室では、IoT環境などネットワーク接続機器におけるサイバー攻撃への対策技術をテーマに研究開発を推進。また研究を通じて、セキュリティ人材の育成にも注力していくという。

具体的には、産総研の暗号技術、組み込みシステム高信頼化技術など、セキュリティ技術を住友電工のインフラや産業システム、自動車および交通関連機器などの技術に応用。コネクテッドカーやスマートファクトリーの実証実験を進め、実用化を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Oracle WebLogic Server」に対する脆弱性攻撃、断続的に観測
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
「Apache Struts 2」RCE脆弱性に悪用報告 - 早急に対処を
Citrix製仮想デスクトップに複数の脆弱性 - 権限昇格のおそれ
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集