Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、パーソナルデータ利用企業向けにソリューション

日立ソリューションズは、パーソナルデータを活用する企業向けに「プライバシー情報匿名化ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、企業が保有するパーソナルデータを匿名化するソリューション。パーソナルデータの活用におけるプライバシー侵害が発生するリスクを評価。匿名化技術の要件や匿名加工情報の取り扱いなど、リスク低減策を日立コンサルティングと連携して提供する。

また「k-匿名化」を実現するソフトウェア「Privacy Data Anonymizing Platform」を提供し、匿名化そのものをサポート。「Privacy Data Anonymizing Platform」の価格は、サーバ1台あたり年額43万2000円。支援サービスと構築サービスは個別見積もり。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
プライバシーポリシーを刷新、マンガでもアピール - LINE
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
NTTドコモ、パーソナルデータ憲章を策定 - プラポリ再編も