Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化

業務でスマートフォンを利用する約20人に1人が、端末のルート化を行った経験があることがわかった。また8.1%は公式サイト以外からアプリをダウンロードした経験があるという。

ジェイルブレイクやルート化した経験があるユーザーの割合
業務用スマートフォンでジェイルブレイクやルート化した経験があるユーザーの割合(グラフ:Lookout)

Lookoutが、日本企業に勤め、業務でスマートフォンを利用している首都圏在住20歳以上の男女を対象にアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。サンプル数は1000。

回答者の利用端末のOSを見ると、53.3%がiPhoneを利用。41.4%がAndroid端末を利用していた。

業務で個人の端末を利用しているケースは60%で、会社支給の端末利用者は40%だった。企業規模から個人端末利用者の割合を見ると、従業員が1000人以上の企業の場合47.6%だったのに対し、1000人未満の企業で66.5%となり、規模が大きいほど、個人端末を利用する割合が低かった。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない