Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員の私用パソコンから24社分の業務資料がWinny流出 - トーマツ

監査法人であるトーマツの職員が利用していた私用パソコンから、監査に関連する業務情報や個人情報が流出したことがわかった。

同社職員が業務データを自宅のパソコンに保存していたところ、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部に流出したもの。同社では現在も確認作業を進めているが、4日の時点で流出が確認されたデータは、監査関与先など24社の業務資料で、その取引先など約7000件の個人情報が含まれる。

同社では、すでに監査関与先に事故を報告しており、関連する個人に対して協力しながら連絡を取っている。今のところ流出した情報が不正に利用されたといった報告は受けていないという。

同社によると、職員に対してはセキュリティ対策を実施した業務用のパソコンを貸し出しており、個人所有のパソコン利用を禁止していた。同社は、対策が不十分だったとして、誓約書の取り付けなどルールを徹底し、再発防止を目指すという。

トーマツ
http://www.tohmatsu.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消