Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内最大のカード決済ネットワークで一時障害 - 現在は復旧

クレジットカードやデビットカードなどの決済サービスを提供するNTTデータの「CAFISシステム」において9月5日に一時障害が発生した。現在は復旧している。

同社によれば、「CAFIS(Credit And Finance Information System)サービス」において処理を振り分ける「FEPサーバ」がダウンしたもの。2015年9月5日16時過ぎから17時半過ぎにかけて約1時間半にわたり、一部で取り引きができない状態となった。

同システムにおいてハードウェアが不安定な状態となり、不安定な動作を制御するミドルウェアでも制御しきれずサーバがダウン。同社では障害発生後にサーバの切り替えを実施し、現在は正常に処理できる状態へ復旧している。

CAFISは、クレジットカードの与信照会などを提供するサービス。加盟店とクレジットカード会社や金融機関の決済サーバを中継しており、決済処理の件数は1日あたり1000万件超にのぼるという。災害やシステムトラブル対策として、東京と大阪にセンターを分散配置しているほか、接続回線など冗長構成を取っている。

(Security NEXT - 2015/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
コード決済サービス「d払い」で一時障害 - サーバに不具合
「PR TIMES」で障害、一部プレスリリースが未配信に