Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ2015」でパブコメ実施

政府は、第4回サイバーセキュリティ戦略本部会合を開催し、「サイバーセキュリティ2015」のパブリックコメント案を決定した。現在意見を募集している。

「サイバーセキュリティ2015」は、「サイバーセキュリティ戦略」に従い、政府が2015年度に実施する具体的な取り組みについてまとめた年次計画。政府機関をはじめ、重要インフラ事業者や企業、個人と連携し、取り組みを推進するとしている。

具体的には、「経済社会の活力の向上および持続的発展」として、安全なIoTシステムの創出や、セキュリティマインドを持った企業経営の推進、セキュリティに関するビジネス環境の整備などを目指す。

また「国民が安全で安心して暮らせる社会の実現」として、マルウェアに感染したユーザーを検知し、マルウェアの除去などを促す取り組みを実施するほか、政府や重要インフラの安全対策を推進。

さらに「国際社会の平和、安定及びわが国の安全保障」として、警察によるサイバー攻撃対策の訓練や、内閣官房によるカウンターインテリジェンスなどに取り組む。国際法の適用や国際的なルール、規範作りなどへ積極的に関与していくほか、包括的な日米サイバー防衛の連携、各国との協力連携などを進める。

また横断的な施策として、サイバー攻撃の観測や分析技術、暗号基盤技術に関する研究開発など進めるほか、さまざまな領域の研究との連携などを推進。人材育成に取り組む。

パブリックコメント案に対する意見は、メールや電子政府窓口「e-Gov」、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは9月3日17時。郵送の場合は同日必着となる。

(Security NEXT - 2015/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ESXiArgs」対応でCISAとFBIが共同ガイダンス
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起
サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施