Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪者にもっとも便乗されているヒーローは?

国内では、アメリカンヒーロー映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の封切りが目前だ。こうしたヒーロー人気に便乗した不正行為も多いとして、マカフィーがリスク調査を実施している。

同調査は、インターネット検索において、不正サイトなどへ誘導される「リスクの高いヒーロー」を調べたもの。同社では、著名人についても調査を行っており、その「ヒーロー版」にあたる。

検索サイトでヒットしたウェブサイトの安全性を調べたところ、もっとも危険だったのは、「アクアマン」。20%の確率で危険なサイトに誘導される状況だった。

国内ではあまりなじみのないヒーローだが、マカフィーによれば、1941年に脇役で登場。子どものころに熱狂した世代から若者まで人気を博しているという。

ヒーロー映画やテレビ番組がブームとなっており、人気に便乗して、悪意あるサイトに誘導する手口は多く、注意が必要な状態だという。また若年層への配慮なども求められる。

同社の調査による「最も危険なスーパーヒーロー」のランキングは以下のとおり。

1位:アクアマン
2位:アイアンフィスト
3位:ウルヴァリン
4位:ワンダーウーマン
5位:ドクターストレンジ
6位:デアデビル
7位:インクレディブル・ハルク アイアンマン
8位:キャットウーマン
9位:グリーンランタン
10位:バットマン

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種予約に便乗するフィッシングに注意 - どさくさまぎれにクレカ情報を要求
コロナ問題に便乗、厚労省装うフィッシング - 証明書写真など詐取
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装