Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀、来店客の情報がSNS上へ漏洩

りそな銀行は、顧客の来店情報がソーシャルメディア上へ投稿され、漏洩していたとして、調査中であることを明らかにした。

同行によれば、中目黒支店へ訪れた顧客に関する情報がTwitter上へ投稿されていたもの。事実関係を調べており、調査結果に基づいて厳正に対処する方針だという。

同行は、来店客などの詳細について言及していないが、Twitterには同店へアイドルグループのメンバーが来店したなどと書き込みがあり、来店理由や住所、免許証のコピーを入手したといった内容が投稿されていた。すでに書き込みを行っていたアカウントは削除されている。

(Security NEXT - 2015/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PrintNightmare」パッチ適用後もリモートから攻撃可能 - 研究者が投稿
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿