Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NoSQL DB」の探索行為が増加 - データ窃取に注意を

従来のリレーショナルデータベース(RDBMS)とは異なる「NoSQLデータベース」に対する探索行為が増加している。警察庁では不用意にインターネットへ公開しないよう注意を呼びかけた。

「NoSQLデータベース」のひとつである「MongoDB」に対する探索行為の増加を確認したとして、同庁では2月20日に注意喚起を行っているが、その後も依然として探索行為が継続しており、さらに別のNoSQLデータベースに対する探索行為も発生していることがわかったため、あらためて注意を呼びかけたもの。

20150330po_001.jpg
MongoDBに対するアクセス動向(グラフ:警察庁)

同庁が「MongoDB」に対する発信元IPアドレスを調べたところ、攻撃を受ける可能性があるサービスが稼動しているIPアドレスを調査しているセキュリティ関連の非営利組織によるアクセスが69.3%を占めてはいるものの、検索サービスサイトとみられるアクセス(11.5%)や、ザールランド大学からのアクセス(2.1%)も見られた。

さらに、クラウドサービス経由のアクセスや、逆引きができずアクセス元がわからないケースは17%にのぼっており、同庁はデータ窃取などを目的としている場合もあると危険性を指摘している。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市