Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ネットエージェントを子会社化

ラックが、2015年3月30日付でネットエージェントの発行済み株式の約8割を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を子会社化することがわかった。

ネットエージェントの代表取締役社長である杉浦隆幸氏や同氏親族などが保有する同社株式の81.4%を取得する契約をラックが締結したもの。ラックでは、ネットエージェントの他株主とも譲渡交渉を進めており、全株を取得する予定だという。

子会社化後も、杉浦氏は引き続きネットエージェントの代表取締役社長として経営に参画する予定。またラックより取締役を迎え入れ、経営体制を強化し、ラックのノウハウを活かした新製品の開発や、既存サービスの効率化などを推進していく。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
米子会社に不正アクセス、ダークウェブに情報流出 - 日新