Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ネットエージェントを子会社化

ラックが、2015年3月30日付でネットエージェントの発行済み株式の約8割を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を子会社化することがわかった。

ネットエージェントの代表取締役社長である杉浦隆幸氏や同氏親族などが保有する同社株式の81.4%を取得する契約をラックが締結したもの。ラックでは、ネットエージェントの他株主とも譲渡交渉を進めており、全株を取得する予定だという。

子会社化後も、杉浦氏は引き続きネットエージェントの代表取締役社長として経営に参画する予定。またラックより取締役を迎え入れ、経営体制を強化し、ラックのノウハウを活かした新製品の開発や、既存サービスの効率化などを推進していく。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら