Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染で取引先担当者の個人情報が流出 - 伊藤忠商事

伊藤忠商事は、従業員のパソコン1台がマルウェアに感染し、保存していた取引先の担当者に関する個人情報が外部へ流出したことを明らかにした。さらに別のパソコンで、不正アクセスを受けた痕跡も見つかっているという。

同社によれば、送信元を偽装した「なりすましメール」が原因で、従業員のパソコン1台がマルウェアに感染。取引先311社の担当者約400人の氏名やメールアドレスが流出したことが、2014年12月26日に判明した。同社では、対象となる取引先に謝罪を行っている。

また同月29日、マルウェアに感染したのとは別のパソコンにおいて、外部から不正アクセスを受けた痕跡が確認されたという。同社では対象となる端末をネットワークから隔離して、調査を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会