Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチで修正されたもう1件のIEゼロデイ脆弱性 - 水飲み場攻撃に悪用

日本マイクロソフトが3月に公開した月例セキュリティ更新プログラム「MS14-012」で対応した「CVE-2014-0324」が水飲み場攻撃に用いられていたことがわかった。

3月12日に公開された「MS14-012」では、「Internet Explorer」における18件の脆弱性を解消。ゼロデイ攻撃の対象となった脆弱性2件も含まれる。「CVE-2014-0322」については事前にセキュリティアドバイザリが公開されていたが、「CVE-2014-0324」はパッチ公開当日にゼロデイ攻撃の対象となっていることが明らかにされた。

「CVE-2014-0324」は、メモリ破損を引き起こす脆弱性で「IE 8」のみ影響を受ける。米Symantecによれば、同社では2月中旬より悪用を確認しているという。

攻撃に悪用されていたのは、IEの既知の脆弱性「CVE-2013-3897」を狙ったものと類似したコードで、水飲み場攻撃が展開されており、細工されたウェブページを閲覧すると、特定のURLより不正プログラムがダウンロードされるしくみだった。ダウンロードされるファイルの内容は明らかとなっていない。

同社では、今回の脆弱性攻撃は「DEP」を有効にしていると、脆弱性の悪用を防ぐことが可能だったと分析。「DEP」は、「Windows XP SP2」以降に搭載されたセキュリティ機能で、「IE 8」ではデフォルトで「DEP」が有効となっている。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
今月4件目の「Chromium」ゼロデイ脆弱性を悪用リストに追加 - 米当局
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消