Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「@wiki」で利用者情報が外部流出 - 一部で改ざんも発生

無料でWikiを設置できるサービス「@wiki」において、ユーザーの管理情報やデータが外部へ流出していたことがわかった。

同サービスを運営するアットフリークスによれば、同サービスを提供する27のサーバで、ユーザー用の管理情報やデータが外部へ漏洩したことを確認したという。ユーザー名や暗号化されたパスワード、メールアドレス、登録時のIPアドレスが流出したもので、登録している全ユーザーに影響があるとしている。

さらに一部Wikiにおいて外部サイトへリダイレクトする不正なスクリプトが設置されたほか、パスワードの再発行ページで改ざん被害が発生した。

同社では、改ざんを修正。ユーザーのパスワードを強制的にリセットし、ユーザーへパスワードの変更を要請した。設置された各Wikiの登録メンバーについては、パスワードの再発行や変更ができないとして、メンバーを削除し、再登録するよう求めている。

またパスワードは暗号化されているが、復号化されるおそれもあるとして、他サービスで同じパスワードを使い回して利用している場合は変更するよう呼びかけている。

同社では、2013年8月にもホスティングサービス「@PAGES」において、ユーザー名やパスワード、メールアドレスなど約17万5000件のユーザー情報が、外部へ流出する問題が発生している。

(Security NEXT - 2014/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超