Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Googleグループ」を公開設定で利用、留学生の個人情報流出 - 神戸大

神戸大学において、グループ間で情報を共有できるサービス「Googleサービス」を誤って公開設定で利用し、個人情報が流出していたことがわかった。

同大留学生センターの日本語予備教育コースの一部クラスで、複数の講師間における情報共有のため、2013年4月からGoogleグループを利用。その際の閲覧設定を公開設定にしていたため、関係者以外も閲覧可能な状態だった。8月11日に外部から指摘があり判明したという。

閲覧可能となっていたのは、同クラスの受講生5人の成績評価案、出欠含む学習進捗状況などで、一部受講生は氏名も含まれる。

問題発覚後、関係者以外はアクセスできないよう設定を変更。掲載していた成績情報を削除した。また対象となる受講生にはメールで謝罪している。

(Security NEXT - 2013/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
家族向け写真共有サービスに他家族の情報が閲覧できる不具合 - サービスを終了へ
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
「Googleグループ」の設定ミスで個人情報が閲覧可能に - 群馬県のNPO法人
天文講座の応募者などの個人情報が「Googleグループ」経由で流出
学生の個人情報が「Googleグループ」経由で流出 - 金沢工業大
受講生の情報が「Googleグループ」経由で流出 - 京都精華大