Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィルコム、PHS回線活用した迷惑電話警告ツール - 利用者間で電話番号を共有

ウィルコムとウィルコム沖縄は、「迷惑電話チェッカー WX07A」を発売する。迷惑電話番号の共有することで、より効果を高めることができるという。

同製品は、固定電話回線に設置することで、迷惑電話に対し、着信を自動で警告できるツール。着信番号をデータベースと照らし合わせ、電話の危険度を音声とランプで通知する。

振り込め詐欺や勧誘電話など、トビラシステムズが保有する2万件以上の迷惑電話番号を活用。さらに利用者が登録した迷惑電話番号を共有することにより、データベースの強化を図る。最大3万件の情報を保存で、任意で拒否登録や許可登録をすることも可能。

月額利用料は、基本使用料210円とオプション料金の490円。ウィルコムの利用者はオプション料金のみで利用できる。固定電話会社が提供する発信電話番号通知サービスに加入する必要がある。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
委託先がサポート詐欺被害、個人情報流出のおそれも - 焼津市