Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィルコム、PHS回線活用した迷惑電話警告ツール - 利用者間で電話番号を共有

ウィルコムとウィルコム沖縄は、「迷惑電話チェッカー WX07A」を発売する。迷惑電話番号の共有することで、より効果を高めることができるという。

同製品は、固定電話回線に設置することで、迷惑電話に対し、着信を自動で警告できるツール。着信番号をデータベースと照らし合わせ、電話の危険度を音声とランプで通知する。

振り込め詐欺や勧誘電話など、トビラシステムズが保有する2万件以上の迷惑電話番号を活用。さらに利用者が登録した迷惑電話番号を共有することにより、データベースの強化を図る。最大3万件の情報を保存で、任意で拒否登録や許可登録をすることも可能。

月額利用料は、基本使用料210円とオプション料金の490円。ウィルコムの利用者はオプション料金のみで利用できる。固定電話会社が提供する発信電話番号通知サービスに加入する必要がある。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装