Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対策ソフトで検知できないウイルスが2010年10月以降に増加 - ラックが指摘

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」において2010年に観測したインターネットにおける脅威の動向を取りまとめた。

同年前半に目立ったネットワーク関連事故は、「Gumblar」をはじめとするウイルス感染だったが、後半には日本が攻撃対象から除外される動きもあり、脅威は減少した。

一方l同社では、10月以降にウイルス対策ソフトウェアでは検知できないウイルスを多数確認しているとし、セキュリティ対策ソフトの効果が弱まっていると指摘する。

こうしたウイルスについて、同社では通信内容から把握したもので、多くのソフトでは検知できないことから、多数潜伏している可能性があると分析。セキュリティ対策ソフトのみの防御ではなく、ネットワーク監視など多層的防御の重要性が2011年以降増すと予測している。

またAndroid端末向けアプリケーションにウイルス「Geinimi」が混入した事例を挙げ、スマートフォンがPC同様の機能を備えていることから、こうしたウイルスの増加に懸念を示している。

(Security NEXT - 2011/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
WordPressのデザインを制御する人気プラグインに深刻な脆弱性
「Chrome」や「Microsoft Edge」にセキュリティ更新 - ゼロデイ脆弱性に対応
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知