Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン、約3割が業務用アプリ以外利用認めず

ネットスターは、PCやスマートフォン、タブレット端末の持ち出しやセキュリティ管理の実態について調査し、結果を取りまとめた。

同調査は、組織内でフィルタリングを利用し、インターネット接続機器の社外への持ち出しを許可している従業員数1000人以上の法人のシステム管理者や、従業員を対象に11月29日から30日にかけて実施したもの。それぞれ515人から回答を得た。

レポートによると、持ち出しが許可されている端末はノートPC(96.7%)を筆頭に携帯電話(62.9%)、スマートフォン(22.7%)、タブレット端末(16.5%)が続いた。

端末によるインターネット接続は、システム管理者の7割以上が許可していると回答。タブレット端末やスマートフォンでは、それぞれ76.7%、89.7%とさらに高い割合を示している。

(Security NEXT - 2010/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
約9割が個人情報の無断利用を経験 - 総務省調査
内部不正経験者の42%は「故意」 - 多忙や組織への不満が不正を誘発