Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始は詐欺多発の季節、「破格値」や「なりすまし」にご用心 - マカフィー

マカフィーは、年末年始にインターネット上の詐欺行為が増加する傾向があるとして、注意すべき事例を挙げ、注意を呼びかけている。

人気を得ているAppleの端末「iPad」を無料で配るなどと誘導し、個人情報を騙し取る手口は、すでに複数の犯行が明らかになっているが、これ以外にも「オンラインギフトカード」を提供するなどと騙し、クレジットカード情報や携帯電話番号の窃取する詐欺があるという。

魅力的な低価格でユーザーを誘導するショッピングサイトや、旅行シーズンにあわせ、ホテルサイトへなりすましたり、チャリティサイトに見せかけて個人情報を取得するケースがあると同社は指摘している。

不景気にも便乗しており、クレジットカードやローン時の信用審査を早めるなどとして金銭をだまし取ったり、高給の在宅ワークがあるなどとして、個人情報を取得するなど卑劣な攻撃も後を絶たない。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に