Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Node.js」向けMySQLクライアントにプロトタイプ汚染の脆弱性

「Node.js」向けに提供されている「MySQL」クライアントの「MySQL2」に脆弱性が判明した。実証コードも公開されている。

「nestTables」の使用時にプロトタイプ汚染を引き起こされるおそれがある脆弱性「CVE-2024-21512」が明らかとなったもの。

CVE番号を採番したSnykでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「8.2」、重要度を4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

脆弱性については詳細が公開されており、実証コード(PoC)も公開されている。

開発チームでは同脆弱性を解消した「同3.9.8」を5月26日にリリースした。その後バグの修正なども実施しており、最新版は「同3.10.0」となっている。

「MySQL2」については「同3.9.6」および以前のバージョンにコードインジェクションの脆弱性「CVE-2024-21511」も明らかとなり、「同3.9.7」で修正されていた。

(Security NEXT - 2024/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も