Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タリーズの通販サイトにサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査

タリーズコーヒージャパンは、同社が運営する通信販売サイト「タリーズオンラインストア」がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。詳細を調べている。

同社によれば、第三者の攻撃に起因するシステム障害が判明したもの。5月30日の時点で個人情報の流出は確認されていないものの、流出の可能性も踏まえ、外部協力のもと調査を進めている。

オンラインストアには、会員9万2685人が登録されており、流出の有無、対象となる人数などを含めて調査しており、詳細が判明次第、顧客にアナウンスする方針。

また同サイトの決済でクレジットカードを利用したことがある場合は、身に覚えのない利用履歴などがないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も