Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会

全国公立文化施設協会は、メールマガジンの配信を委託している事業者が不正アクセスを受け、メールマガジンの登録者に迷惑メールが送信されたことを明らかにした。メールアドレスが流出した可能性もあるという。

同協会によれば、委託先においてメールマガジンの配信に利用していたメーラーが最新ではなく、脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。

管理画面の設定ファイルを書き換えられ、メールマガジンの登録者に意図しない迷惑メール2件が配信されたという。

不正アクセスを通じてメールアドレスが流出し、さらに迷惑メールを送信されるおそれもあるとして、関係者に対し、メールの添付ファイルや本文中のURLに注意するよう呼びかけた。

同協会では、警察に関連するログを提出、被害について相談している。また不正アクセスの原因となったメーラーや、事務所で使用するパソコンのアプリケーションを更新。マルウェア対策ソフトによるスキャンを実行した。

(Security NEXT - 2024/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性