Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を

ビデオ会議サービスを提供するZoomは、セキュリティアドバイザリを公開し、同社製品において2件の脆弱性へ対処したことを明らかにした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、2件のセキュリティアドバイザリを公開したもの。

「CVE-2024-27243」は、「Zoom Workplace Desktop App」や「Zoom Meeting SDK」に明らかとなったバッファオーバーフローの脆弱性。認証されたユーザーによりサービス拒否を引き起こすことが可能となる。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.5」、重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Medium)」とした。

一方「CVE-2024-27244」は、「Zoom Workplace VDI App」に明らかとなった権限昇格の脆弱性。CVSS基本値を「6.7」、重要度を同じく「中(Medium)」としている。

いずれも最新版にて修正済みとしており、同社では最新版を利用するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も